宝石のようなキラメキ!山梨の高級フルーツを味わおう!

green apple fruits

ぶどうの種類

grape

ぶどうの種類

山梨のぶどうには非常にたくさんの種類が存在します。あなたは何種類言えますか?
まず山梨ぶどうで有名なのがデラウェアです。これは、アメリカのデラウエア州で育成されたことからその名がついたぶどうです。小粒ですが、日本人にも好まれています。時期が早く7月中旬頃から収穫され、食べ頃は7月下旬〜8月中旬頃です。
次に山梨で有名なのが、巨峰です。これは、現在、最も栽培面積が多い大粒のぶどうとなっています。種ありと種なしがあり、房も300〜500gと様々で、果粒は12〜13g程度にまで成長します。食べ頃は8月上旬〜9月下旬頃です。
そして次がピオーネです。こちらは、巨峰に比べても果粒が一回り大きく18g前後にまでなります。上品な甘さから高級品として有名です。そのほとんどが種なしで、食べ頃は8月下旬〜9月下旬頃です。また、山梨県特選農産物の指定品種です。
次に、ロザリオビアンコです。世界的にも評価が高い2品種を親として開発されました、。見た目は非常に実が大きく、味も非常に優れています。
糖度も18度以上と非常に高く、食べ頃は8月下旬〜9月下旬頃です。こちらも山梨県特選農産物の指定品種となっています。
次に甲州です。こちらは山梨産ワインの原料ともなる濃い紫色のぶどうです。1300年の歴史を持っている日本原産品種です。種の周りの酸味が強いのが特徴です。食べ頃は9月中旬〜10月下旬ですが、低温貯蔵によって年明けに出荷される場合もあります。